心の病気を治そう|うつの治し方はたくさんある【ひどくなる前にケア】

うつの治し方はたくさんある【ひどくなる前にケア】

サイトメニュー

心の病気を治そう

男性

脳に病気の原因がある

うつ病は、心の病気としてよく知られていますが、その原因は脳の神経伝達に支障が起り、脳の働きが低下することによると言われています。病気が引き起こされるきっかけになるのは、結婚や病気、そして親しい人の死といった人生における大きな変化があったときなどであり、それがストレスになって病気に繋がっていきます。症状としては、文字通り憂うつで悲しい気分が続くという抑うつ気分や、不安・あせりといった気分、そして遠くへ行きたいなどの心の症状があると言えるでしょう。そして身体的にも、よく眠れないなどの睡眠障害や、好きな物であっても食べたくないといった食欲減退などの症状が見られます。治療に関しては、まず十分な休養を取ることが重要とされており、場合によっては会社や家事を休むことが必要になります。そして薬を使った薬物治療もとても重要であり、適切な使用の仕方によって高い治療効果を上げることが可能です。さらに精神療法では、医師にアドバイスをもらったり悩みを相談したりすることによって症状を改善させていきます。薬を使った治療と言うと抵抗を感じる方も多いようですが、抗うつ剤の治療は病気の改善に不可欠なものですし、高い効果が期待できます。抗うつ剤を使用する目的は、病気の原因となっている脳の神経伝達の不調に働きかけて、その状態が元に戻るよう調整するということだと言えるでしょう。効果が現れるまでの期間は1〜2週間程度というのが一般的ですが、個人差があるため人によって変わってくる場合もあります。そして薬によって症状が消えた場合でも、まだ自力で改善する力がないため、その段階で服用を止めると再発してしまう場合があります。ですので、ある程度の期間は飲み続ける必要があり、初めて症状が出た場合であれば半年程度を目安とした服用期間が必要になると言えるでしょう。また、何度か再発を繰り返してしまっている状態にある場合は、さらに長い期間に渡って薬の服用が必要になるケースもあります。抗うつ剤の種類に関しては、三環系などの古いタイプやNaSSAなどの新しいタイプのものがあり、新しいタイプほど効果が高く、副作用も少ないという特徴があります。