うつの治し方はたくさんある【ひどくなる前にケア】

サイトメニュー

専門科で治療を行う利点

医者

薬物療法という手がある

抗うつ剤は、飲み始めてすぐには効果が現れず、大抵は2週間から4週間程かかり、徐々に症状が改善されていく特徴があります。一方で、吐き気・むかつきなどの副作用が抗うつ剤にはありますが、一般に、飲み始め時に現れます。ですが、副作用が出たからといって、処方をすぐに変えることは、薬物療法をおこなう医療機関ではマレなことです。体を慣らす期間も必要で、特にうつは、否定的なものの見方になる傾向が表に現れます。医療や薬が役に立たない、といった考えに陥ることもあるので、治療薬に関しては医師の管理下で、適切な指導を仰ぐことが大事です。また、古くから使用されている三環系・四環系に比べて、SSRI・SNRIなどはうつに効果的であり、尚且つ副作用は少ないと言われています。脳内の神経細胞から放出されたセロトニンやノルアドレナリンは、再び神経細胞に取り込まれてしまえば、意欲や活力が半減することが分かっています。抗うつ剤を使うことで、神経伝達物質もスムーズに脳に伝わり、徐々にではありますが、みなぎるやる気、ポテンシャルがアップします。その他にも、他人が気付くぐらいに動きや話し方が遅かったり、反対に、落ちつかずに動き回ったりする行動などにも効果的に作用します。うつや不安障害などにも使用される抗うつ剤のお薬は、通常は、精神科や心療内科などの専門科で処方されます。診察を受け、診断結果によって、適切な処方が医療機関で行われるのですが、服用については、医師・薬剤師が指導してくれます。感情がうまくセーブできない、こうした症状だけでは抗うつ剤は処方されず、通販で入手したり、ストックしていた薬剤を個人的に渡したりすることもあります。この場合、安い価格であれば、ジェネリック医薬品である可能性が比較的高くなります。大抵は、個人輸入の通販で入手するものの、病院で取扱いのない薬剤が取り扱われていることもあり、くれぐれも注意が必要です。抗うつ剤の効果が最大限発揮されず、代替薬として薄い効果に留まることもあるので、個人的に手渡すことも避ける必要もあります。こうした内容を念頭に入れた購入は、本人のみならず、周りの家族にも求められます。医療機関で入手することが重要で、効き目の高さはもちろん、薬物依存に対して注意が払えることも理由の1つです。