ストレスと性格の影響|うつの治し方はたくさんある【ひどくなる前にケア】

うつの治し方はたくさんある【ひどくなる前にケア】

サイトメニュー

ストレスと性格の影響

男性

用法を守る事が大切

うつ病の原因は1つではなく、いくつもの要因が重なり合う事で発病すると考えられています。中でも心理的なストレスや脳の神経伝達物質の変化、なりやすい性格等が多くを占めています。まずストレスがきっかけとなり、脳内神経伝達物質であるセロトニンやノルアドレナリン、ドーパミンの量が減少します。感情をコントロールする物質のバランスが崩れる事で様々なうつ病の症状を引き起こします。そしてこの病気になる人は性格面での共通点がみられます。真面目で周囲の期待に応えようとする事で自分の能力以上の結果を出そうとします。結果が出ている間はよいのですが、限界に達する事でストレスや疲労感に支配されていきます。更に完璧主義である人も多く、小さな間違いやミスがより多くのストレスを生みだしていきます。この様に長年ストレスに晒されていると考え方や感情に歪みが生じるので、以前よりもストレスを受けやすい体質となっていきます。しかもマイナスの出来事だけではなく、結婚や出産等の祝い事でもストレスと感じる事さえあります。この様なストレスをできるだけ受けない様に心がける事が大切です。うつ病の治療では薬物治療が中心となります。主に使用される抗うつ剤については、医師の指導や用法をきちんと守る事が大切です。特にアルコールの摂取は集中力や判断力を低下させ、眠けを生じる事があります。治療期間中はできるだけ飲酒を避けた方が無難です。そして前立腺肥大症や緑内障等の病気で処方される薬の中には相互作用するおそれのある薬があります。リスクを避ける為にも持病がある事をあらかじめ医師に伝えておく事が必要です。更に治療で使用される薬の中にはめまいやふらつき等の副作用が生じるものがあります。職務上危険を伴う機械を操作しなければならない人や車の運転をする人は医師と相談する事が必要です。そしてうつ病の治療に使用される薬は数回飲んだだけで回復するものではなく、効果を実感するまでに数週間から1ヶ月程度の期間を必要とします。焦らず根気よく治療を続ける事が必要です。そして長期間薬物治療を受けた人が自分の判断だけで服用を中止すると脳内の神経伝達物質の濃度が急激に下がり、離脱症状を生じます。個人差はありますが、吐き気やおう吐、食欲不振といった 様々な症状に苦しむ事になります。必ず医師と相談の上で減薬していく事が必要です。