うつの治し方はたくさんある【ひどくなる前にケア】

サイトメニュー

専門科で治療を行う利点

医者

うつの症状は、軽い場合もあれば、重く、長い治療期間を必要とすることもあります。適切な治療法を求めるにも、専門となる医療機関に相談することが大事で、1人1人に合った薬物療法、処方を行ってくれるので、効果が期待できます。

詳しく見る

ストレスと性格の影響

男性

うつ病は過剰なストレスがきっかけとなり、セロトニン等の脳内神経伝達物質のバランスが崩れる事で発症します。抗うつ剤による薬物治療が中心になりますが、アルコールの過剰な摂取や自己判断による断薬は避ける事が必要です。

詳しく見る

心の状態を回復するために

病院

抗うつ剤を服用すると、落ちこんだ気持ちをシフトしやすくなることや、睡眠を改善できることからも人気です。また、うつ病には大うつ病障害と双極性障害があり、原因や治療法がそれぞれ異なるため、病院でまずはしっかり見てもらうことが大切です。

詳しく見る

医療制度を活用する

ハート

うつ病は心療内科で治療することができ、効果が高くて安心できることから評判となっています。遠くの病院を選ぶと通院が大変となることがあるため近くの病院を選ぶようにし、悩み相談をしっかりと行ってくれるかといった評判を参考にするのが良いでしょう。

詳しく見る

心の病気を治そう

男性

うつ病は、脳の神経伝達が支障をきたすことで起こる病気であり、抑うつなどの心の症状があるのが特徴です。抗うつ剤は、病気の原因である脳の神経伝達に働きかけるものであり、初めての場合は半年程度の服用が必要になります。

詳しく見る

心と体を同時に治す

鬱

伝えたい事はメモしておく

環境に馴染めなかったり人間関係の悩みを抱え込んだりするとうつ病になる方も多く、不眠などが長い場合は心療内科や精神科でひどくなる前にケアするようにします。カウンセリングでは、悩みの原因を調べたり症状が軽くなったりするように対策をアドバイスしますが、不眠がひどくなっている方には抗うつ剤で睡眠を促すようにします。うつ病になっている方の多くは、不眠や気持ちの落ち込みなどを起こしており、睡眠不足により他の病気になる前に睡眠導入効果の高い薬を使用するのが一般的です。これらの薬は、様々な種類があるためしばらく服用して体質に合わないと感じるような事があれば、医師に伝えて似た効果の別の薬に変更する事も出来ます。また、気持ちを落ち着けるための薬の中には、ごく稀に副作用を起こすものもあるため体調に変化があった場合は使用を中止して医師に相談するなどの対処を行うようにします。ほとんどの薬は2週間前後で効果がどれくらい現れるかが分かるので、定期的に通院し薬の効き方を詳しく医師と話すようにする事が大切です。自分自身が抱えている悩みの詳しい内容や取り巻く人間関係などをすべて口頭で医師に伝えることが難しい場合は、伝えたい内容をあらかじめメモ用紙やノートに記録しておき、カウンセリング時に持参するとスムーズに相談が出来ます。特に、他人と会話をするのが苦手であるという方の場合には、口頭で伝える予定であってもメモやノートに必要事項を記入しておくと安心です。また、医師からのアドバイスをメモできるように筆記用具を用意しておくと、自宅でアドバイスの内容を確認しやすくなります。メールでの事前カウンセリングを行なっているクリニックに通う場合は、うつの症状と悩みの原因を大まかにメールで伝えておくとスムーズに診察をする事が出来ます。同居している家族がいる方の場合は、初診の際に同伴して診察を受けるようにすると家族にも状況を説明しやすく安心です。取り巻く環境が原因となってうつ病になっている事も多いため、家族に客観的に見た状況の説明をしてもらう事もあります。家族の協力を得られるように、一緒に説明を受けると治療がしやすくなります。